コミケ72
2007年08月19日(日) 東京ビッグサイト東-06ホール
メ-40b 『Favorite Blue』

『山ノリXぷれす』 08出ます。これは2月のティアで出したものですから、コミケのみ来られる方には新刊になります。今回もフルデジタル自家製本でお届け!
山X VOL01〜07、大増刷頒布中!
山Xシリーズは車に詳しくなくても楽しめる作品に仕上げてます!ぜひ遊びにきてください!

コミケ初だし新刊は現在鋭意製作中。

『山ノリXぷれす』 あらすじ
田子倉忠美は、杵嶋出版の四駆誌編集部の編集1年生。 入社直後にジムニーJA11を社から貸与され、記事のために出場させられたトライアル大会で、四駆に目覚めてしまう。
一方、忠美に高校以来の再会を果たした七浦弥彦は、公私共に彼女の面倒を見る、口は悪いがイイ先輩。自然と2人は惹かれあっていく。
そんな折、もともと彼を慕っていた野積モータースのメカニックの卵、滝桜美春の目前で、忠美は「七浦の」JA11を大転倒させた。美春は独り三角関係?に悩み、任されたこの車の修理に手が付けられないでいたが、偶然故障したバイクを持って店を訪れた同級生の整備振りを見て初心を思い出し、急速に立ち直っていく。
そして、今日ついに問題のJA11が美春(改)として忠美の家へ届けられる運びになったのだ。

田子倉 忠美
(たごくら ただみ)

本作品の主人公。旅好き。暴走癖あり。杵嶋出版の四駆誌編集部に所属する編集1年生。体を動かすことと旅と猫をこよなく愛している。運動のセンスはイイらしい。仕事柄乗らされたJA11で四駆に目覚めてしまう。目下「理論的に走ること」を目指して練習中。七浦が好き。

七浦 弥彦
(ななうら やひこ)

忠美の中学のときの部活の先輩。現在はカメラマン。昔忠美を散々苛め抜いたらしく、職場で再会したときには酷く嫌われていたが、そもそも苛めた理由は好きだったから、らしい。現在忠美との関係は進展しそうな雰囲気。もとはJA11でトライアルをしていたが、現在はランクルにおとなしく?乗っている。

瀧桜 美春
(たきざくらみはる)

野積モータース2Fに住んでいる高校1年生。店長とは生まれ着いての深い仲。おかげで物心がついた時からメカ好き。七浦、忠美と三角関係に陥ったが、告って玉砕した。クローズドコースでSJ30に乗ることもあるが、運転のセンスは無い。
かうんたー! 訪問ありがと。